クレジットカードとは

今では、ショッピングの際の決済手段のひとつとしてクレジットカードを使用する方々がたくさんいらっしゃいます。
日本でのクレジットカードの発行枚数は3億万枚以上にものぼり、1人当たり3枚は所有している計算になります。
一昔前までは大きなデパートくらいでしかカードが使えませんでしたが、今ではスーパーやコンビニでもクレジットカード支払いが可能になっています。また、スーパーマーケットなどのポイントカードにクレジット機能がついており、クレジットカードで会計をすることでポイント換算率がよりアップするというものまであります。
ポイント換算だけでなく、他にも様々な特典がついたクレジットカードも登場しており、より一層生活の中でクレジットカードの存在が大きなものになっています。

クレジットカードの仕組みは、消費者が商品を購入する際にカードを提示するところから始まります。消費者はカードを提示し、商品を受け取ることができます。しかし、ここで実際には消費者自身のお金は出ていかず、カード会社が代金を立て替えている状況になります。後日、消費者がその代金をカード会社へ支払うという流れになります。

そもそもクレジットカードの「クレジット」とは、日本語に訳すと「信用」になります。
本来、クレジットカードは消費者の信用を基にカードが発行され、使用できるものになります。当然、支払い能力がないと判断されると審査を通過することができず、カードは手元に届きません。そのため、18歳以下ではカードを手にすることができません。

Copyright © 2014 クレジットカードの使い方は? All Rights Reserved.